12月「にしのみや聞法会」

今月は7日に『にしのみや聞法会』を開催いたしました。
今年の『にしのみや聞法会』は今回で最後となります。ちなみに
来年は2月からですので、少し時間があきます。

さて、今回は『正信偈』の「本願名号正定業~必至滅度願成就」を皆さんとともに学びました。
善導大師の「二河白道の譬え」から本願に誓われている名号は「本願召喚の勅命」であるということを
味わいました。「二河白道の譬え」は長年聴聞をしていると必ずどこかで耳にする話です。それだけ大事なお話だということが
わかりますが、案外、聞き違い思い違いが多い話でもあり、何度も聞かせていただくべき内容だと思われます。そして、今回の最後には真宗連合のカレンダー11月の法語「『聞』というは、如来のちかいの御なを信ずともうすなり。」の紹介で終了いたしました。

次回は来年2月23日 宮田秀成先生 です。
尚、質問等ございましたらご連絡ください。

響流会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です