7月「にしのみや聞法会」のお話

真実信心の称名は

弥陀回向の法なれば

不回向となづけてぞ

自力の称念きらはるる

(正像末和讃)

 

親鸞聖人の教えは念仏で救われる教えです。浄土に生まれて救われるのは念仏によるものと教えていかれました。その念仏には二通りのもの、真実信心をともなう他力の念仏と、そうではない自力の念仏があります。

 

聖人は「真実の信心は必ず名号を具す。名号は必ずしも願力の信心を具せざるなり。」とも教えられ、蓮如上人は「信心をもって本とせられ候。」と信心が聖人の教えであると言われています。また聖人は「信心定まるとき、往生も定まるなり。」と真実信心が定まったときに、往生が定まると言われています。信心が定まると言っても、心で「そうですか。そうなんですね。」と私が何かを思うこと、信じ込むことではありません。何を信じたことが真実信心なのか。真実信心とは阿弥陀仏の本願を信じたことです。阿弥陀仏が私に回向、差し向けて下さる救いのはたらきである信心を真実信心、その念仏を他力の念仏と言います。

 

私がお願いする前から先立って建てられたのが阿弥陀仏の本願です。すべての人を浄土に往生させて仏にしてみせるという願いのことです。生死流転から自分の力では離れられない私たちを見捨てられない阿弥陀仏の大慈悲心から、私が南無阿弥陀仏となって直接あなたのところに助けに行きます、と建てて下さったのです。阿弥陀仏の本願はただの約束、願いではありません。願った通りに成就して、そのはたらきは既にあります。南無阿弥陀仏となってすべての人のところに回向されています。私たちの口から出る南無阿弥陀仏は弥陀回向の法ですよと教えられ、また本願召喚の勅命とも言われます。私に「浄土に参りなさい。直ちに来なさい。」と呼び掛けて下さること、その阿弥陀仏の名のり、南無阿弥陀仏に疑いのないのを真実信心と言います。阿弥陀仏の名のりのない信心はありません。

 

不回向とは私から回向しないことであり、法然聖人のお言葉にあります。それまでは私たちから阿弥陀仏に助けてもらうために念仏を称えるのだと思われていました。南無阿弥陀仏には仏のすべてのお徳が入っています。私たちの側から何かを付け加える必要はありません。申請してから阿弥陀仏に助けてもらう救いではありません。正信偈にあるように、世自在王仏の前で誓われ、仏と仏の御はからいなりと言われるように私からお願いして建てられた本願ではありません。出発点は私ではなく阿弥陀仏です。そのように聞いて「そうは言っても」というのを疑い、はからいと言います。親鸞聖人は他力の念仏のことを「ただ念仏」と仰っておられます。念仏の回数や、称え心を問題にすれば称えた功徳を気にしている自力の念仏になります。すべて阿弥陀仏から回向されたものと聞いて「ただ念仏」と称えるのが他力の念仏です。以上

 

 

7月25日の『にしのみや聞法会』は開催します

7月25日(土)の「にしのみや聞法会」は通常通りの開催予定です。

日時:7月 25日(土)
時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)
場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)
講師:宮田秀成 先生
持ち物:筆記用具 など

開催にあたり西宮市立勤労会館から勤労会館利用者への協力依頼として以下の条件が提示されております。

1.会場の利用可能人数内(定員の50%)での利用
2.原則マスクを着用 (各自ご用意ください)
3.利用の前後は手洗い、手指消毒を行う  (消毒液は用意しています)
4.近距離での発声や会話は控える
5.体調不良や基礎疾患のある方は参加を控えてください
6.ご参加の方の住所、氏名、電話番号を控えさせていただきます

先週あたりからまた新型コロナウィルス感染症患者が増えております。
拡大防止の為、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

響流会

7月「にしのみや聞法会」のご案内

7月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会主催「にしのみや聞法会」を毎月1度開催しております。

つきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

日時:7月 25日(土)

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

6月「にしのみや聞法会」は『正像末和讃』より。

如来の作願をたづぬれば
苦悩の有情をすてずして
回向を首としたまひて
大悲心をば成就せり
(正像末和讃)

阿弥陀仏はなぜ本願を建てられたのか。そのことを尋ねると、阿弥陀仏は苦しむ人を見捨てることなく、回向を第一になさって、大慈悲心を成就して下さった、というのがこのご和讃の意味になります。

すべての人に対して、本願を信じて、念仏するものは、必ず浄土に生まれさせるというのが阿弥陀仏の本願です。

『「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。』と親鸞聖人は言われます。もともと法蔵菩薩という修行者であった阿弥陀仏は苦しむ衆生を見捨てることができなかったと『仏説無量寿経』にあります。人間の苦しみは、病、貧しさ、戦争だという人がいますが、法蔵菩薩はそこに人間の本当の苦しみがあるとは観ておられません。私達が生まれては死に、生まれては死に、を際限無く繰り返す生死流転、生死輪転から自分の力では離れられないところに本当の苦しみを観ておられます。今はできないが、教育すれば未来にその苦しみから離れられるようになるのかと言えば、それは私達にできないから、阿弥陀仏はすべての人を漏れなく生死流転から離れさせるという本願を建てられたのです。

そしてすべての人を漏れなく救うために回向ということを第一に考えられました。聖道門の人は、回向とは、私が本願を信じて、私が念仏を称えて、ご褒美として阿弥陀仏が救うという考え方でした。親鸞聖人は、私からではなく、阿弥陀仏から私に回向して下さる本願力回向だと言われました。本願力によって、信じ、本願力によって、念仏を称え、本願力によって、浄土往生させて頂くのだと、更に教えに出遇うのも、本願力によるのだと言われました。聖道門の人のような考え方、自力回向は、最後臨終になんとか助けてもらおうとなります。そこに安心はありません。阿弥陀仏が私に、差し向けて下さることで回向の主体が阿弥陀仏になります。五劫の間考えて、兆載永劫の修行で功徳を積んで、すべての人を助けるという阿弥陀仏の願いが成就、完成したのです。信も行も浄土に往生させるのも、仏法を聞けるようにして下さるのも、すべて阿弥陀仏からの回向であり、その回向を第一にされました。こちらからお願いすることなく、既にそのはたらきがあります。

大悲心とは、大慈大悲のことであり、苦しみを抜いて、楽を与えたいという無縁の慈悲のことです。その大悲心を南無阿弥陀仏という形として完成して下さったのです。今、私が聞く、称える南無阿弥陀仏が私にはたらいて下さっている、と聞いて疑いのないのが信心だと教えて下さいました。  以上

6月「にしのみや聞法会」のご案内

6月「にしのみや聞法会」のご案内

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受けて、6月より
「にしのみや聞法会」を再開する事となりました。 しかし、未だに感染が止まらない地域がある事などを考慮し、会場の勤労会館より開催にあたりコロナ感染が確認された場合に備えて「にしのみや聞法会」ご参加の方の住所、氏名、電話番号等を提出するよう要請されております。どうぞご協力よろしくお願い申し上げます。

日時:6月 27日(土)

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労青少年ホーム 会議室A (勤労会館の隣の建物)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

※今回は会場内で住所、氏名、電話番号をお聞きすることとなっておりますので、どうぞご協力おねがいします。

 

※テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

5月「にしのみや聞法会」は中止いたします

先月に引き続き今月(5月)の「にしのみや聞法会」も、会場となっている西宮市勤労会館の閉館延長に伴い、響流会で検討した結果、中止とさせていただくことになりました。
次回6月に関しては改めてご案内させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

響流会

4月「にしのみや聞法会」は中止となります

先日お伝えしておりました4月の「にしのみや聞法会」は、会場となっている西宮市勤労会館の都合と宮田先生、響流会で検討した結果、中止とさせていただくことになりました。

5月につきましては新型コロナ感染症の感染状況の把握が難しく、開催の目途が立たず、今のところは未定となっております。5月に関しては改めてご案内させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

響流会

4月の「にしのみや聞法会」について

現在、日本国内において新型コロナウイルスの感染例が相次ぎ発生している中、感染経路が未だ明確に判明していないことから、不特定多数の方が集まる行事を実施することについて、感染の危険性が危惧されている状況です。

「にしのみや聞法会」につきましては、会場としている西宮市立勤労会館の3月末までの閉館措置により3月の聞法会は中止とさせていただきました。また4月の予定につきましては勤労会館に問い合わせたところ、管轄する西宮市の判断がまだ出ていないという事で不明という答えをいただいております。西宮市の判断を待ちつつ対応を検討いたしますので、4月の「にしのみや聞法会」の開催判断は今しばらくお待ちいただくようよろしくお願い申し上げます。

尚、不明な点や質問がございましたらメールにてご連絡ください。

響流会

おしらせ【重要】

現在、各種報道のとおり、新型コロナウイルス感染症が蔓延しており、西宮市に於きましても感染が確認されました。また、日々状況が変化し、さらなる感染拡大が懸念されております。

この度、「にしのみや聞法会」の会場である「西宮市勤労会館」より連絡があり、3月末まで閉館するという措置が取られるということになりました。

従いまして、急ではございますが3月4日の「にしのみや聞法会」は中止とさせていただくことになりました。

よろしくお願い申し上げます。

響流会

今回(2月22日)は前回に続き親鸞聖人の正像末和讃のお話がありました。

今回(2月22日)は前回に続き親鸞聖人の正像末和讃のお話がありました。

無明長夜の灯炬なり
智眼くらしとかなしむな
生死大海の船筏なり
罪障おもしとなげかざれ

仏から観れば私たちは無明という苦しく長い夜にいます。そんな私たちを照らして下さる灯炬である阿弥陀仏の本願力があるのだから悲しむな。生死を繰り返す大海に沈んでいる私を渡して下さる船筏のようなものが阿弥陀仏の本願力であるから嘆くなと教えて下さいます。

無明とは聖人が「煩悩の王なり」と仰るように生きている間、私たちの心の底、根にあるという意味から根本無明と言われます。私たちには先を見通す力、智慧がありませんから死んだらどこに行くのかがわかりません。明日のことさえわからない私たちです。死んだらおわりではなく何かに生まれていくのだ、そんな生死を繰り返して止まることがないのだと教えられたのが仏教です。
そんな私たちを生死の苦しみから離れさせて浄土に生まれさせてやりたいと現れて本願を建てられたのが阿弥陀仏という仏です。そしてその願い通りに南無阿弥陀仏となって私たちにはたらいて下さいます。聖人は、南無阿弥陀仏は私を招いて喚び続けて下さる声と教えられ、その南無阿弥陀仏を信じて称える人を助けてみせるのが本願力です。死んでからの救いではなく、今、浄土に生まれることのできる人生に変わります。だから悲しむなと仰るのです。

生死の海は苦海とも言われます。足の届かないところはつかまって一休みするところがないので安心できない。拠り所がない。人生において何もたよりにならないし、健康でも死ななくなるわけではありません。その私に船筏のようになって下さるのが本願力です。乗せてもらったら心配する必要がない。罪障が重くても嘆く必要がない。「さるべき業縁のもよおせば、いかなる振る舞いもなすべし」と言われます。よくニュースで見る子供の虐待もだいたいその親が子供の時に虐待を受けているケースが多いと言われます。私たちはたまたまそのような親に当たらなかっただけです。

この和讃の元になったのは、聖覚法印の唯信鈔のお言葉です。高い岸にいる人が綱を下の人に垂らして下の人を高いところに昇らせようとした時に、下の人が、「綱が切れるのではないか」「(高い岸の人の)力が弱いのではないか」「私は重い」と疑い、綱を取らないといつまでも高い岸には昇れません。本願力を疑い、信じない人は救われません。仏力は無窮なり、限りがない。罪業を重しとせず、散乱法逸の者を捨てられない。だから信心を要とするのです。南無阿弥陀仏は私を浄土に必ず生まれさせて仏にしてみせるとの喚び声であり、その通り聞くのが信心です。

以上