4月「にしのみや聞法会」のお話

(49)無始流転の苦をすてて

無上涅槃を期すること

如来二種の回向の

恩徳まことに謝しがたし

(正像末和讃)

無始流転の苦しみから離れて、この上ない仏の証を開かせて頂ける浄土真宗の救いとは何か。阿弥陀仏は、人間は始まりのないずっと前から苦しみ、流転を重ねてきたと観られ、善導大師は、「自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没しつねに流転して、出離の縁あることなし」とご自身を観られました。常に苦しみの海に沈んでいる。今までも、今も、これからもずっと続くということです。そのことを憐れに観られた阿弥陀仏は私達をその苦しみから離れさせる、その苦しみを抜いてみせるという阿弥陀仏の本願を建てられました。

そしてその苦しみから離れた人はどうなるのか。阿弥陀仏のお浄土に生まれさせて、成仏させるというのが阿弥陀仏の本願です。

とは言っても、私達はお浄土のことを教えて下さる方がいなければ往生したいという気持ちも起きません。そこで阿弥陀仏が主体となり、私達に二つの回向をして下さるのです。一つは往相回向、二つには還相回向です。

往相回向とは、往生させる姿のことで、往生させると私達にはたらいて下さるのです。『教行信証』に「往相の回向について真実の教・行・信・証あり。」とあります。また『大無量寿経』に真実の教えがあると言われ、阿弥陀仏の本願のあること、どのように往生させるのか、成仏させるかが書かれています。行とは南無阿弥陀仏、念仏のこと、信とはそのはたらき、証とは、往生して仏の証を開くと教えられています。

浄土に往生したらどうなるのか。成仏したら浄土に座っているわけではなく、苦しむ人を救うために娑婆に還ってくるのです。『浄土和讃』には、「安楽浄土にいたるひと 五濁悪世にかえりては 釈迦牟尼仏のごとくにて 利益衆生はきはもなし」と浄土に往生した人はお釈迦様のように仏となって人びとを利益する、救うとあります。この二種の回向によって私は苦しみを捨てて、無上の仏の証を開かせて頂くことができるので、そのご恩には感謝が尽きないという意味です。

往相は分かりやすいが還相は分かりにくいと言う人がいます。還相は遠い将来のことではなく、今、浄土から衆生を救うために還ってきて下さっているのです。親鸞聖人は、お釈迦様、七高僧も、そのお師匠の法然聖人も浄土からあらわれた方々と本当にそう思っておられました。真宗の人、特に本願寺系の人は蓮如上人にもそう思っておられると思います。阿弥陀仏はお釈迦様があらわれる前からいらっしゃるのですが、お釈迦様から想像てはなく仏の智慧によってはじめてそのことを聞かせて頂くことができます。教えを説かれる人から還相のはたらきを頂いていることがわかるのです。

『教行信証』の最後の方に、「真言を採り集めて、往益を助修せしむ。何となれば、前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと欲す。」とあります。前(さき)に生まれた人は後に生まれた人を導いていきます。後に生まれた人は前の人に訪ねていって下さい。もし私が浄土に往生して仏になる身となったのなら、それは浄土から還ってきた方に導かれたということであり、苦しむ人がみな往生できるまでずっと続くのだ、と親鸞聖人は教えて下さったのです。

阿弥陀仏は南無阿弥陀仏となって私達に呼び掛けて下さっています。南無阿弥陀仏が私達を助けて下さるはたらきであると信じる人を助ける本願です。称名念仏はただの声ではありません。阿弥陀仏が私達に差し向けて下さる往相のはたらきなのです。信心とは聞いて疑いのないことです。いつでもどこでもどんな人でも南無阿弥陀仏は私を往生させて下さるはたらきと疑いが無くなれば必ず救われる本願です。

 

 

4月「にしのみや聞法会」ご案内

4月の「にしのみや聞法会」のご案内が遅れまして申し訳ございません。

 現在、西宮市のある兵庫県は新型コロナ感染症が非常に蔓延しており、その為にお寺などの会場の聞法会では中止や延期の処置がとられているケースもあります。

「にしのみや聞法会」の会場である西宮市立勤労会館ではまだ閉鎖の措置はないということで予定通り4月24日(土曜日)の「にしのみや聞法会」は開催いたします。

尚、お越しの際はマスクの着用、受付での消毒などの感染対策をしていただくようよろしくお願い申し上げます。

※ はがきでの案内を希望されている方にはご連絡を行き届かなったことをお詫 びいたします。

 

響流会

 

3月「にしのみや聞法会」のお話

(48)不思議の仏智を信ずるを

報土の因としたまへり

信心の正因うることは

かたきがなかになほかたし

(正像末和讃)

 

私達が思議することも、想像することもできない仏智の不思議を信じることを阿弥陀仏は報土の因、浄土往生の因として下さったのです。報土とは因に報いて阿弥陀仏の本願によって建てられた浄土のことです。その信心を獲ることは、難きが中にもなお難いと言われています。

 

仏の智慧とは、阿弥陀仏の智慧のはたらきのことです。阿弥陀仏の智慧のはたらきを光明と言います。聖人は尽十方無礙光如来と、どこへ行ってもおられない世界がない、障りなく救って下さる仏様と呼ばれています。我々に悪業、煩悩があってもそれが障りにならないのが阿弥陀仏の救いです。色も形もなく、想像できないはたらきを光明と言われました。だからその救いは大変不思議であると言われます。

 

例えば仏教で悪とされる殺生をする者も必ず浄土に往生させるという不思議な救いなのです。

地獄一定と言われる者に、あなたの還るところだとして浄土を用意して下さったのです。

そして条件なく、例外なく救うという本願を建てて下さったのです。

 

その本願には、念仏する者を必ず浄土往生させると誓われています。その本願を信じることが報土の因となります。そんな簡単なことなのですか、という意見が出そうですが、信心を獲ることは難きが中にもなお難いと大無量寿経に、そして阿弥陀経には極難信とあります。

「正信偈」には「信楽受持甚以難 難中之難無過斯」とあります。一方「御文章」には「心やすの安心、往きやすの浄土」とも言われます。阿弥陀仏の本願が成就して、南無阿弥陀仏と呼び掛けて下さっている本願力回向、他力回向によって南無阿弥陀仏を聞いて疑いないことが信心です。わたしの側から何かしなければならないという救いではありません。私が何かお願いする前に既に与えられているのです。しかし私はどうしたら助かるのですか、と自分で取りにいこうとするから難しくなるのです。工程という考え方で言うならば、工程は一つです。阿弥陀仏の呼び掛けをただ聞くだけです。

あっちこっち聞きに行くとか、心をおちつかせるとか念仏を称えるとか、何か私がしなければ信心が頂けないと思ってしまうのです。それは仏智を否定していることてあり、疑い、自力の信と言われます。助かろうと私の側から始めようとするのです。

 

才市という人は、「胸にさかせた信の花、弥陀にとられて」と信心を頂くのは、私の側から何かすることではないと言われました。

疑い無いことを無疑と言います。疑いが無いのは助けるという呼び掛けを聞いたからです。自分の側から押し通そうとしても無理です。この道を進んで助けてもらおうという道はありません。必ず助けるということをただ聞いて頂きたいと思います。

3月「にしのみや聞法会」のご案内

3月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会主催「にしのみや聞法会」を毎月1度開催しております。

つきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

 

日時:3月 27日(土)

 

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

 

※マスクの着用をお願いします。

※受付にて氏名、住所、電話番号の記帳をお願いしております。
(コロナ感染症が出た場合に即座に対応できるよう勤労会館からの指示です。)

 

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

2月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会主催「にしのみや聞法会」を毎月1度開催しております。

つきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

 

日時:2月 27日(土)

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

 

※マスクの着用をお願いします。

※受付にて氏名、住所、電話番号の記帳をお願いしております。
(コロナ感染症が出た場合に即座に対応できるよう勤労会館からの指示です。)

 

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

12月「にしのみや聞法会」のご案内

12月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会では親鸞聖人のみ教えに学ぶ講座 「にしのみや聞法会」を毎月開催(1月と8月は休会)しております。
12月につきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

日時:12月 26日(土)

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 4階 第 8会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:瓜生 崇 先生

持ち物:筆記用具 など

開催にあたり西宮市立勤労会館から勤労会館利用者への協力依頼として以下の条件が提示されております。

1.会場の利用可能人数内(定員の50%)での利用
2.原則マスクを着用 (各自ご用意ください)
3.利用の前後は手洗い、手指消毒を行う  (消毒液は用意しています)
4.近距離での発声や会話は控える
5.体調不良や基礎疾患のある方は参加を控えてください
6.ご参加の方の住所、氏名、電話番号を控えさせていただきます

 

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

11月 「にしのみや聞法会」のお話

(45)真実信心うることは

末法濁世にまれなりと

恒沙の諸仏の証誠に

えがたきほどをあらはせり

 

浄土真宗では信心をやかましく言います。信心とは一般的には、信心すると言いますが、浄土真宗では信心を獲ると言います。阿弥陀仏という仏様が造って下さった浄土に往生して、仏になるのが浄土真宗の教えです。

なぜ阿弥陀仏は浄土を造って下さったのか。私たちは気がついたら生まれていて、いつ死ぬのかもわからず、死んだらどうなるのかもわからず、死んでいきます。仏教では、死んだら終わりではなく、別のものに生まれ変わり、死に変わり、際がない、離れられない、このことを流転輪廻と言います。その私たちをかわいそうだから何とか助けてやりたいと慈悲の心を起こし、そこから離れさせてあげたいと、本願を建て、浄土という場所を用意して下さったのです。「そこから離れて私の浄土に来なさい。そして生まれたら仏になりなさい。」と願われています。ではどうすれば浄土に往けるのでしょうか。

 

どれだけ素晴らしい浄土があっても、例えば遠いところで歩いていかなければならないのなら無理な人が出てきます。仏教では一般的には、修行をしなければならないと言われます。例えば親孝行という修行があります。阿弥陀仏は親孝行をしている人を哀れに思われたのではありません。どんな人も、等しく平等に差別なく救おうと、呼びかけておられます。私が南無阿弥陀仏となって呼びかけるので、南無阿弥陀仏を聞いたら、南無阿弥陀仏を称えて下さい。念仏して下さい、と。南無阿弥陀仏と念仏する人を必ず浄土に往生させるという本願を信じるのを信心と言います。南無阿弥陀仏を聞いて疑い無いのが浄土真宗の信心です。

 

でもなかなか「そうでございますか。」とは成りません。末法五濁になるとなかなか信じられません。今の世は、南無阿弥陀仏という言葉は知っていても信じられない。信心を獲ることはまれです。だからガンジス川の数ほどの仏が「本当ですよ。」と証明されているのです。

 

阿弥陀経というお経に、阿弥陀仏という仏がおられること、浄土とはどんなところか、どうすれば生まれることができるのかが書かれています。

少善根福徳の因縁、すなわち親孝行、読経、戒律を保つなどの修行では浄土に生まれることはできません。名号を執持する、念仏で往生できると、私(お釈迦様)だけでなく、六方世界の仏様が口を揃えて言っている、証明しているのだと書かれています。どうしてここまで仏様が仰るのか。それは真実信心を獲ることが大変難しいからです。お経の最後に、難信の法であるとあるのはそのためです。諸行無常と聞けばその通りと聞けるのですが、阿弥陀仏が南無阿弥陀仏と呼び声になったと聞いてもその通りと聞けないのです。そのことを聞いて疑い無いことを信心と言います。難しい、難しいと聞いて、親鸞聖人や蓮如上人や妙好人のような偉い人は信心は獲られるけれど、となります。それよりも少善根を積み重ねて福徳因縁にして助かろうとしてしまいます。私の力ではなく南無阿弥陀仏をそのまま聞くということです。お釈迦様、諸仏が言っているのだから南無阿弥陀仏を信じて下さい、ということです。

 

 

 

11月「にしのみや聞法会」のご案内

11月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会主催「にしのみや聞法会」を毎月1度開催しております。

つきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

 

日時:11月 28日(土)

 

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

 

※マスクの着用をお願いします。

※受付にて氏名、住所、電話番号の記帳をお願いしております。
(コロナ感染症が出た場合に即座に対応できるよう勤労会館からの指示です。)

 

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会

10月 「にしのみや聞法会」のお話

10月 「にしのみや聞法会」のお話

真実報土の正因を
二尊のみことにたまはりて
正定聚に住すれば
かならず滅度をさとるなり
(正像末和讃)

阿弥陀仏の浄土に生まれる因である信心を二人の尊い仏様、阿弥陀仏、お釈迦様のお言葉によって賜って正定聚となり、必ず浄土に往生できる身になればその人は浄土に生まれ完全な仏の悟りを開くのです。

浄土真宗の根本聖典である『教行証文類』は非常に難解です。晩年には『教行証文類』と同じ内容を和讃の形で著されました。この和讃は現当二益について教えられています。現在、現世での正定聚に住する利益(りやく)、死んでからの滅度を悟る利益のことで救いは二つあるというのが浄土真宗の特徴です。

阿弥陀仏が終わることの無い生死を繰り返しているすべての人、私を観られて大変哀れに思われ、そこから離れさせてやりたいと本願を建てられ、私達が出て向かうところとして用意して下さった場所が浄土です。誰も行けないのでは意味がありません。すべての人がどうすれば浄土に往けるのか、その正しい因は、信心によって往けるので浄土真宗の教えは「信心正因」と言われます。

その信心は私が信じたことではありません。二尊のお言葉によって信心を賜るのです。信心を賜ると死んで何処かに行くのではなく、浄土に生まれるのです。もう生死を繰り返すことはありません。

阿弥陀仏は南無阿弥陀仏というお言葉になって私達に呼びかけておられます。南無阿弥陀仏を聞いて、称えて、信じるものを必ず浄土に生まれさせるという本願を建てられました。『御文章』には、「南無」はたのめ、あて力にしなさいと書かれています。口で称える南無阿弥陀仏は私の声であっても、阿弥陀仏の呼び声が私の口から出たもので、必ず助けると呼びかけておられるのだと真宗では教えられ、その南無阿弥陀仏を聞いて疑い無いのが信心です。

親鸞聖人は本願を信じ念仏を申さば仏になると言われます。お釈迦様は、阿弥陀仏がどのような仏で、どのような本願か、南無阿弥陀仏と呼びかけておられること、称え、聞いて
信じて下さいと教えて下さる方です。
阿弥陀仏は救うのがお仕事、お釈迦様は南無阿弥陀仏を教え、すすめるのがお仕事です。
信心といっても特別なことではなく南無阿弥陀仏の呼びかけを聞いて、阿弥陀仏の「助ける」をそのまま私が頂くと私が「助かる」となるのです。
親鸞聖人は死んでからではなく、現在、現生に正定聚に、必ず仏になると定まった人になるのだと教えられました。これが現世の利益です。そして浄土に往生した人は煩悩が滅した完全な仏の悟りを開く、必ず滅度を悟ると教えられました。生きている間は煩悩具足であることは変わらないけれど往生する身に、生死を繰り返さない身に大きく変わります。そして今こそそうなれる、とすすめるのが二尊のみことです。

 

 

 

 

 

10月「にしのみや聞法会」のご案内

10月「にしのみや聞法会」のご案内

響流会では親鸞聖人のみ教えに学ぶ講座 「にしのみや聞法会」を毎月開催(1月と8月は休会)しております。
10月につきましては下記の開催となっております。お忙しい中だとは思いますが、どうぞご聴聞してください。

日時:10月 24日(土)

時間:午後 15時~午後 16時半 (途中休憩)

場所:西宮市勤労会館 3階 第 2会議室 (会場前に案内を出しております)

講師:宮田秀成 先生

持ち物:筆記用具 など

開催にあたり西宮市立勤労会館から勤労会館利用者への協力依頼として以下の条件が提示されております。

1.会場の利用可能人数内(定員の50%)での利用
2.原則マスクを着用 (各自ご用意ください)
3.利用の前後は手洗い、手指消毒を行う  (消毒液は用意しています)
4.近距離での発声や会話は控える
5.体調不良や基礎疾患のある方は参加を控えてください
6.ご参加の方の住所、氏名、電話番号を控えさせていただきます

 

テキストがある場合は会場に用意しておりますので、どうぞお気軽におこしください。

お問合せは「お問合せ」フォームからお問合せいただくか、メールにてお問い合わせください。

1月と8月 休会とさせていただきます。変更がある時はお伝えいたします。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、響流会HP (http://kourukai.org/) のお問い合わせ欄までお願い致します。

響流会