10月 「にしのみや聞法会」のお話

10月 「にしのみや聞法会」のお話

真実報土の正因を
二尊のみことにたまはりて
正定聚に住すれば
かならず滅度をさとるなり
(正像末和讃)

阿弥陀仏の浄土に生まれる因である信心を二人の尊い仏様、阿弥陀仏、お釈迦様のお言葉によって賜って正定聚となり、必ず浄土に往生できる身になればその人は浄土に生まれ完全な仏の悟りを開くのです。

浄土真宗の根本聖典である『教行証文類』は非常に難解です。晩年には『教行証文類』と同じ内容を和讃の形で著されました。この和讃は現当二益について教えられています。現在、現世での正定聚に住する利益(りやく)、死んでからの滅度を悟る利益のことで救いは二つあるというのが浄土真宗の特徴です。

阿弥陀仏が終わることの無い生死を繰り返しているすべての人、私を観られて大変哀れに思われ、そこから離れさせてやりたいと本願を建てられ、私達が出て向かうところとして用意して下さった場所が浄土です。誰も行けないのでは意味がありません。すべての人がどうすれば浄土に往けるのか、その正しい因は、信心によって往けるので浄土真宗の教えは「信心正因」と言われます。

その信心は私が信じたことではありません。二尊のお言葉によって信心を賜るのです。信心を賜ると死んで何処かに行くのではなく、浄土に生まれるのです。もう生死を繰り返すことはありません。

阿弥陀仏は南無阿弥陀仏というお言葉になって私達に呼びかけておられます。南無阿弥陀仏を聞いて、称えて、信じるものを必ず浄土に生まれさせるという本願を建てられました。『御文章』には、「南無」はたのめ、あて力にしなさいと書かれています。口で称える南無阿弥陀仏は私の声であっても、阿弥陀仏の呼び声が私の口から出たもので、必ず助けると呼びかけておられるのだと真宗では教えられ、その南無阿弥陀仏を聞いて疑い無いのが信心です。

親鸞聖人は本願を信じ念仏を申さば仏になると言われます。お釈迦様は、阿弥陀仏がどのような仏で、どのような本願か、南無阿弥陀仏と呼びかけておられること、称え、聞いて
信じて下さいと教えて下さる方です。
阿弥陀仏は救うのがお仕事、お釈迦様は南無阿弥陀仏を教え、すすめるのがお仕事です。
信心といっても特別なことではなく南無阿弥陀仏の呼びかけを聞いて、阿弥陀仏の「助ける」をそのまま私が頂くと私が「助かる」となるのです。
親鸞聖人は死んでからではなく、現在、現生に正定聚に、必ず仏になると定まった人になるのだと教えられました。これが現世の利益です。そして浄土に往生した人は煩悩が滅した完全な仏の悟りを開く、必ず滅度を悟ると教えられました。生きている間は煩悩具足であることは変わらないけれど往生する身に、生死を繰り返さない身に大きく変わります。そして今こそそうなれる、とすすめるのが二尊のみことです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です